内視鏡検査でわかること
診療

内視鏡検査という言葉を誰しもが聞いやことがあると思います。しかし、この内視鏡検査には基本的なものが2種類あります。1つは上部内視鏡検査といい、胃や食道、十二指腸などを検査するものです。もう1つは大腸を検査する大腸内視鏡検査です。ほかにも内視鏡検査をする部位はありますが、健康診断や人間ドックなどで行う内視鏡検査はこの2つであることがほとんどです。こうした内視鏡検査は主に、がんやポリープなどを見つけるために用いられます。
上部内視鏡でわかるのは、がんとポリープのほかにも逆流性食道炎やその進行具合、胃炎や胃潰瘍などの有無を知ることができます。大腸内視鏡にしても同じようなことがわかります。最近の内視鏡検査では、軽いものなら治療もできるようになっていますし、多少の苦しさを我慢すれば内視鏡検査を受けることに損はありあせん。やり方や器具などは病院によっても違うので、口コミなどで比較して受けるようにしましょう。

苦しい検査

内視鏡検査は、種類によってもやり方が違います。上部内視鏡検査なら、有名な胃カメラを飲んでやるやり方がスタンダードですが、大腸内視鏡検査であれば、肛門からカメラを入れることになります。胃カメラは健康診断などで経験している人も多く、「苦しい」「痛い」と思われがちですが、最近はそうでもなくなってきています。最近は、カメラのついた管を口から入れるのではなく鼻から入れられるタイプを扱っている病院も増えてきました。
最新の技術になると、管ではなく、カプセル型のカメラを飲み込むものもあるようです。バリウムを飲んで胃カメラを入れるということに抵抗のある人でも、検査は受けやすくなっています。また、管自体もどんどん改良され細く入れやすく、また医師が手元で操作しやすくなっています。気軽に検査を受けたいという人は、検索サイトなどで病院を比較して、新しい技術を取り扱っているところを探してみましょう。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031